拝宮谷だより
徳島県那賀町拝宮の井本紙漉場よりお届けするつれづれ日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/09/19(日)   CATEGORY:
楮(コウゾ)、発育中です!
s-012.jpg
井本紙漉場の周りには、楮(コウゾ)=紙の原料となる木が、育っています。
毎年1月に刈り取り、春になるとそこから新芽が出てきます。
小さな小さな芽が、シカよけの柵に守られ、あっという間に私の背を超えました。
これからさらにグイグイ伸びて、3-5mくらいの高さになります。

今年はお天気続きだったので発育も良いようです。
6-7月にかけて、十分な芽かきもできず、小枝も多いのですが…。

井本紙漉場の紙は、国産(拝宮産)楮100%、
煮熟(しゃじゅく)はソーダ灰、ネリはトロロアオイ(夏は化学ネリ)、
昔ながらの原料処理にこだわってつくっていきたいと思っています。
だから、畑(農作業)は、とても大事です。

今年は芽かきも草取りもサボリっぱなしだったので、
来年は、楮の苗も新たに植えて、もっとマジメに頑張る、と反省と決意。

芽が出始めたころの楮↓↓↓
s-036.jpg





スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

YUTAN | URL | 2010/09/21(火) 02:00 [EDIT]
けっこう背が高くなるのですね。。
寒いときに収穫というのはオリーブと一緒。
こちらではクリスマス前後にオリーブ収穫のようです。
農作業をすれば暖かくなるというものの厳しい季節ですねえ。

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 拝宮谷だより all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。